ヨリタカガレージブログ

車 車
クライスラー ジープ パトリオット AT ABS異常修理

 

どうも大阪、豊中市のgarageヨリタカです。

本日は豊中市からお越しのT様のクライスラー ジープ パトリオット AT ABS異常修理です。

メーターにABS等の警告灯が点灯しまくりです。

オーナー様曰くシフトアップしなくて燃費が異常に悪いそうです。

診断機にかけると右リアスピードセンサー系のフォルトコードが入っています。

確認のために試運転するとシフトショックが結構ありますが経験上これはスピードシグナルの異常っぽいです。

警告灯が点灯するとリンㇷ゚ホームに入るのかショック等は無くなります。

リフトアップして点検すると下回り強烈な錆びです。

センサーとドライブシャフトが駄目に成っています。

オーナー様の了承を取りばらしていくとあらまー大変です!!

ここにセンサーが刺さるブラケットが有るのですが錆で朽果てて無くなっています!!

これは困りました、何かで作るにしてもクリアランスがシビアで厳しいです。

トレーリングアームごと交換か?とも思いましたが国内無し!!

形状をよく見るとどうもハブにブラケットが付いている気がしますがそんなことあるか?

でも形的にはハブに付いてます。

一か八か国内に1個だけあるハブを取ってみます。

おー!やはりハブにブラケット付いてましたよ!よかった~。

後は組付けて試運転、警告灯の点灯もなくシフトアップも正常になりました。

最初の見積もりより高くなってしまいましたが何とか修理完了。

結構気軽に見積もり言われますが、このように分解しないと分からないことが多いのですよ。

 

 

T様、この度は有難うございました!

 

それではまた!